みすゞ建設からのご提案

ホーム > みすゞ建設からのご提案 > 地域型住宅グリーン化事業

地域グリーン化事業

耐震リフォームの主な施策

■ 地域型住宅グリーン化事業とは■
地域の特徴を活かした家づくりを目指す、特定のグループ構成員(施工店)が建設する「長寿命型」「高度省エネ型」「有料建築物型」タイプの建築物に対して、平成26年度より始まった補助金事業です(国土交通省・住宅局・木造住宅振興型)

タイプ 建築物名称 通常 三世代
長寿命型 長期優良住宅 100万円 130万円
高度省エネ型 認定低炭素住宅 100万円 130万円
ゼロ・エネルギー住宅 165万円 195万円
優良建築物型 認定低炭素建築物 1万円/㎡

三世代同居対応住宅

キッチン、浴室、トイレ、玄関のうち何れか2部位以上を複数個所設置する住宅のこと。
通常の住宅より30万円増額となります。

地域材加算

主要構造材(柱、梁、桁、土台)の過半に特定の地域材を使用する場合、20万円/戸を限度に補助金を加算する制度。 一戸当たり20万円が上限ですが、配分自体が別枠で支給されるので、配分を受けることが出来ない場合もございます。

ページトップへ戻る