注文建築

ホーム > 注文建築 > 木造工法のご紹介

木造工法のご紹介

独自の木造軸組工法が、優れた耐震性と自由度の高い住まいを実現します。

私たちの取り組み

皆様の住まいづくりにみすゞ建設が全力て取り組んでいることがあります。
それは「技術と品質」の向上です。

これまでも家づくりにおいて、基礎や土台、構造には特にこだわりを持ち気密や断熱そして換気など住む人の健康について長年、研究につとめてまいりました。

これらの経験をもとに、2000年には従来工法と2×4工法の良いところを組み合わせたみすゞ建設独自の木造軸組工法「ベルハウス2000」を開発し、高い耐震性と自由度の高い家づくりを実現しました。

さらに私たちは「ベルハウス2000」の誕生で安住することなく世の中の流れや法制の改正などその時代にあった住まいの基準を常に見つめ直してまいりました。
目に見えない構造部分などの基本性能が高品質であり続けることだと考えています。

私たちは将来にわたり「安心・安全」を提供できるパートナーとして歩み続けるため品質に一層こだわり、皆様に満足していただける高品質な住まいを提供していきます。

快適性・機能性を損なうことなく、ご家族のご成長とともに美しく時を紡んでいける”住まい”
みすゞ建設はそのような”住まい”づくりを目指しています。

木造住宅工法のご紹介 ベルハウス

在来工法とツー・バイ・フォー工法のメリットを兼ね備えた独自の工法で、優れた耐震性とプランの自由度が高い住まいを実現しました。

※「ここが違う」にマウスをのせると詳しい説明が表示されます。
ベルハウスの特長

外通気 外壁内通気工法で内部結露を防ぎ、建物の耐久性を向上 ダイライトパネル 丈夫で長持ちする住まいのために「ダイライトパネル」を採用 基礎工事 配筋の間隔を狭くして、耐震性を大幅に向上
床構造 2階の構造用合板を厚くして、床構造の水平強度を向上 外通気 外壁内通気工法で内部結露を防ぎ、建物の耐久性を向上

※「ここが違う」にマウスをのせると詳しい説明が表示されます。拡大画像からご覧ください。
ベルハウスの特長

ページトップへ戻る