みすゞ建設の安心品質

ホーム > みすゞ建設の安心品質 > 住宅性能評価制度

住宅性能評価制度

第三者機関による性能評価により、さまざまな安心が得られます。

住宅性能評価制度とは?

2つの住宅性能評価書

住宅の品質・性能を国に登録した第三者機関が、客観的に評価を行なう制度のことを「住宅性能評価制度」といいます。

これは平成12年に施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づく制度で、「構造の安定」や「火災時の安全」などの10項目が評価の対象になります。

住宅性能評価のメリットは?

専門知識がなくても住宅性能がすぐに分かる
第三者機関による客観的な評価が一目瞭然で分かるため、ご購入を検討している方が安心して判断できます。
ローンを組む際や買い替え時に有利
住宅ローンの金利や地震保険料の、割引優遇措置を受けられる場合があります。また、住宅を売却する際にも、信頼性の高い住宅として有利になります。
万が一のトラブル時には、第三者機関が調整
もし万が一売買契約に関するトラブルが発生した場合、「指定住宅紛争処理機関」にトラブル処理を申請でき、調停および仲裁、あっせんを受けることができます。

性能表示される項目

性能表示される項目
性能表示される項目 1.構造上の安定 2.火災時の安全 3.劣化の軽減 4.維持管理への配慮 5.温熱環境 6.空気環境 7.光・視環境 8.音環境 9.高齢者等への配慮 10.防犯への配慮

性能表示される項目
性能表示される項目

ページトップへ戻る